プエラリアの成分や効果

プエラリアには、強力なエストロゲン活性をもつ成分であるミロエストロールを含んでおり、強力な作用があるため、副作用のリスクについてもよく考えなくてはなりません。最近は濃縮・凝縮カプセルとして販売されているものも多いのですが、過剰摂取に注意しなければなりません。もし摂取目安量を超える形で摂取してしまった場合、ホルモンバランスを崩してしまう恐れがあり、大変危険です。

プエラリア・ミリフィカは、現残酷では古くから愛用されている植物でして、現地には白く美しい女性が多かったと言います。これは現代に入って研究結果が進んだことで、その因果関係も明らかにされています。現在の日本における植物性エストロゲン摂取量の上限は、一日30mgまでとなっています。

これは特定保健用食品に関する法律で、大豆イソフラボンアグリコン換算値が定められているためです。プエラリア・ミリフィカが世界的に初めて脚光を浴びるようになったのは、かつてはミャンマーの首都であったブーカムで、ビルマ語の古文書が仏塔の下から見つかったことでした。これは1931年の出来事でした。

これが研究者等の手によって翻訳・編纂され、プエラリア・ミリフィカを食していた高齢の女性が、健康と美しさを長く保ち続けたというものでした。このプエラリア・ミリフィカは食用としてだけでなく、茎を衣服、縄、紙、日用雑貨(籠・小物類)にも使用していたそうです。



« - »

Copyright © プエラリア~1から10まで徹底解説~ All right reserved. Design: Baza Noclegowa.